モデルプロデュースの酵素ドリンク!クレンジング酵素0の特質とは

酵素飲料は各社から様々な商品が販売されていますが、特に人気が高まっているのが有名人プロデュースの酵素飲料「クレンジング酵素0」です。
クレンジング酵素0は一般的な酵素飲料が野菜からできているのに対し、野草を中心に作られているのが特徴なのですが、ただ減量するだけではなく美しくダイエットすることが可能な材料がたっぷり配合されています。
クレンジング酵素0にどういった利点があるのか、分かりやすく紹介していきます。



酵素にビタミンも摂取できる!クレンジング酵素 0の栄養素成分

クレンジング酵素0に含まれている栄養素マテリアルですが、メインとなるのは野草から抽出した酵素で14種類の果物を含む64種類から取り出した野草酵素エキスが配合されています。
この野草酵素エキスには野菜酵素よりもビタミンやミネラルがたくさん入っているのが性質です。
クレンジング酵素0ではそれに加え、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンが11種類混合されています。
クレンジング酵素0は古典的な製法である「陶製かめ製法」という方法で発酵熟成をさせているのですが、ラジウム鉱石が使用されている発酵熟成かめから遠赤外線が生じて低分子化されるので吸収率が高いのもポイントの一つです。



スーパーフードや美容材料も摂取

クレンジング酵素0には食事からでは摂取することが難しい栄養素や美容原料もたっぷり含まれています。
入っているものの中には高級食材として中華料理などでお目にかかる機会があるツバメの巣があります。ツバメの巣に配合されているシアル酸の量はローヤルゼリーの200倍で、シアル酸というマテリアルには健康維持効果や美容支援結果があると言われています。
クレンジング酵素0には白金ナノコロイドも配合されています。
白金ナノコロイドは白金を微小化したものですが、これが入った飲料を運動前に飲むとダイエット効力や美容効力があるとしてマニアの間で噂となっているマテリアルです。
また、クレンジング酵素0には近頃注目の的となっているスーパーフードも含まれています。
ブロッコリーの新芽で、最近ではスーパーでもよく目にするようになったブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの20倍もの栄養価が含まれてとされているものです。
ドリンクなどで有名なカムカムも配合されています。
カムカムは地球上に存在する果物の中で最もビタミンCを含有した果物として周知されていますが、その含有量はレモンの約60倍となりポリフェノールも赤ワインの10倍入っている材料です。
ビタミンCは抗酸化効果や美白効力などで女子にはとりわけ注目されているビタミンと言えるでしょう。
人工栽培されておらずブルーベリーの14倍ものポリフェノールが入ってマキベリーや、中華料理などで活用されることが多いクコの実などのスーパーフードも利用されています。
このように、クレンジング酵素0は各種栄養成分から美容マテリアルまで簡単に一気に取り入れることが可能です。



持ち歩きに便利だから置き換えもスムーズ

普通の酵素飲料が瓶などに入っているのに対し、クレンジング酵素0は一包一包が小分けになっている酵素ドリンクです。
スティックタイプの包装で、保管場所もかさばらないのでバッグなどのちょっとした隙間に入れておくことができ、大変携帯性に優れているのがポイントです。
酵素飲料というと置き換え式減量に使用するというのが平均的な活用方法ですが、瓶などに入っていると持ち運ぶことが難しいので朝ごはんで置き換えるしかないという方も多いでしょう。
しかし、クレンジング酵素0は持ち運びが楽にできるので、自宅での置き換えだけではなく勤め先や学校などでお昼ごはんや夕食の置き換えとして使用するのもはかどります。
集中的に減量したい方などで、1日1食だけでなく2食を置き換えしたいというケースにおいても携帯ができるので実現させやすいでしょう。



手軽に飲用できるクレンジング酵素0!気になる味と飲用法は?

個包装されていて濃縮タイプなのでとても携帯性がよく、気軽に飲用することが出来る酵素飲料がクレンジング酵素0です。
しかし、いくら携帯性に便利でも風味がまずければなかなか継続するのは難しいものですし、毎日継続するものなので過去に他の酵素飲料で継続できなかった方にとっては味は特に気がかりなポイントでしょう。
そういった観点においてもクレンジング酵素0は心配無用で、陶製かめ製法で熟成させて製造しているので、熟成のプロセスでまろやかさとコクのあるテイストに変化しています。
また、ブドウ種子ポリフェノールを活用しているためグレープ味が付いており、大変飲みやすくなっています。
クレンジング酵素0の飲み方ですが、飲む時間としては1日1包から2包を食前に飲む、または食事の置き換えとして飲むというのが基本です。
一気に大量に飲んだから良いというものではなく、続けて毎日続けることが重要です。
飲用方法はそのままストレートで飲んでもいいですし、100ml程度の炭酸水などで割ってもおいしくなります。
食事代わりにヨーグルトにかけて食べるという方法など、工夫して色々試してみるのもいいでしょう。